CMSを利用したサイト構築 Word Press(ワードプレス)

Webサイト(ホームページの二極分化)

一つは大手のポータルサイトのようなコンテンツが沢山詰まったサイト。CMSの仕組が積極的に使われています。バックエンドではデータベースが動いています。

もう一つは特定商品のプロモーションを行うためのリッチコンテンツサイト。Flashや動画を利用して見る側の視覚、聴覚を刺激します。

CMSとは

Content Management System の略。コンテンツ管理システム。

Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。広義には、デジタルコンテンツの管理を行なうシステムの総称。

Webサイトを構築するには、テキストや画像を作成するだけでなく、HTMLやCSSなどの言語でレイアウトや装飾を行ない、ページ間にハイパーリンクを設定するなどの作業も行なう必要があります。これらの要素を分離してデータベースに保存し、サイト構築をソフトウェアで自動的に行なうようにしたものがCMSです。

CMSを導入すれば、テキスト制作者はHTMLなどの知識を習得する必要はなく、デザイナーはテキストが更新されるたびに作業を行なう必要はなくなり、それぞれ自らの作業に集中することができます。また、サイト内のナビゲーション要素なども自動生成するため、ページが追加されるたびに関連するページにリンクを追加するといった煩わしい作業からも解放されます。CMSの中には、サイトのデザインを「テンプレート」(ひな型)としてあらかじめいくつか用意しているものもあり、これを使えば画像の作成やデザインなどを行なうことなくサイトを構築することができます。

CMSには、作成できるサイトの自由度の高い汎用的なソフトのほかに、WikiやWeblog(Blog、ブログ)など、コンテンツの管理の仕方やサイトのコンセプトに特徴のあるソフトもあります。また、それぞれについて、企業のサイト構築に利用するための商用ソフトウェアや、無償で公開されているフリーソフトウェアがあります。Webサイトのホスティングの形でCMSが利用できるサービスもあります。

Word Press(ワードプレス)について

日本でもWord Pressの利用者が増えているようです。その要因として、無料で扱いやすい点があげられます。やはりオープンソースというのが強みで、改変や再配布が自由に行えるので、開発者も増えており機能拡張のプラグインやテーマファイル(デザインテンプレート)なども豊富にあります。
もともとブログツールとして派生したWord Pressですが、ビジネスで使えるよう日々鍛えられています。また、プラグインという追加型の小さなプログラム利用することで機能が拡張されます。

例1.携帯電話に対応したページをプラグインの導入で自動で生成します。携帯電話用に別に作成しなくても済むので、イニシャルコストもランニングコストも低く抑えられます。

例2.SEO(サーチエンジン最適化)のプラグインを追加すれば特定のキーワードでYAHOOやGoogleの上位表示が狙えます。

例3.通常のHTMLでコーディングしたサイトでフォームメールを利用するにはcgiの設定など敷居が高いですが、プラグインを利用すれば簡単に実装でき、いくつものフォームを簡単に設置可能です。

例4.ある程度の写真をまとめて見るためにはスライドショー的な見せ方が理想ですが、プラグインを利用すれば簡単に実現可能です。

つまりオープンソースのCMSであるWord Press(ワードプレス)を利用すれば、より高度なサイトが安価に構築でき、オーナー様自身で更新ができるようになるので更新の度に制作会社に依頼しなくても済むためランニングもローコストで済むという良いことずくめなのです。

Word Pressの動作環境

すべてのレンタルサーバーで動作保証されている訳ではなく、以下の条件は必須です。

  • PHP バージョン 4.3 以上
  • MySQL バージョン 4.1.2 以上

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*